SMS認証で運営サイトのセキュリティを向上

SMS認証で運営サイトのセキュリティを向上

不正ログインやなりすましなどを防ぎ、提供するサービスでのセキュリティを向上させるためにSMS認証を活用する企業が増えています。

一般的によく使われているIDとパスワードによる認証は、不正にID・パスワードを入手することで、他人になりすましログインできるため安全性は決して高くないと言えます。そこで、電話端末に1つしか割り振られない携帯番号を使ったSMS認証により本人確認を行うことで、運営サイトのセキュリティを高めることができるようになりました。

安全性が高く、かつ、利用者が認証を行う際の負担も少ないため、金融機関をはじめ、様々なWebサービスやスマートフォンアプリで利用されています。

ユーザーも安心。安全性の高いWebサービスを実現

Webサービス運営企業様のケース

Web上での顔を知らない相手とのやり取りはリスクを伴います。迷惑な書き込みや、不正な取引によって、利用者に被害が及ばないように運営者側は注意を図らなければなりません。

そこで、Webサイトやスマートフォンアプリの会員登録時にSMS認証を活用し、1ユーザーが無数にアカウントを作成できないように制限することで、不正行為を防止します。

大手金融機関様のケース

IDとパスワードで本人を認証するのが一般的ですが、IDやパスワードの流出により、他人にアカウントを乗っ取られ、不正利用されるリスクが存在します。

そこで、SMS認証を導入することで、本人認証を行うと同時に、万が一不正ログインが行われた場合でも、利用者の携帯電話へSMSが送信されるため、身に覚えのないログインに早期に気づくことができます。

導入事例

SMSでスマートフォンの個人認証を実現 株式会社サイバーエージェント様

SMSでスマートフォンの個人認証を実現

アプリの特性上、利用者に安心して利用して頂く為に、信頼性の高い個人認証を実現

株式会社サイバーエージェント様

代理店様お問い合せ

SMS認証での配信イメージ

お客様情報を入力する前に、携帯電話番号を入力してもらい、入力された携帯電話宛てに認証用パスコードが記載されたメッセージをSMS送信します。
その認証用パスコードを入力する事でユニーク性を保ち、お客様情報登録させる仕組みです。

SMS認証での配信文例

  • SMS認証

    アプリ画面上から、ユーザーに電話番号を入力してもらい、その後、認証コードを記載したSMSを送信。認証コードをサイドアプリにてユーザーに入力してもらうことで、本人認証を実現します。

  • パスワード発行

    サービス申し込み後、ワンタイムパスワードを送信し、パスワードを入力してもらうことで本人認証を実現します。

お気軽にお問い合わせください

着眼率90%を誇る顧客メッセージを確実に伝えるための手法はこれだ!

顧客とのコンタクトに課題を抱えているご担当者様必見!
着眼率90%を誇る
顧客メッセージを確実に伝えるための手法はこれだ!