コールセンターの顧客満足度と自己解決率をどちらも向上する方法~電話問い合わせの10%以上を適切なチャネルへ誘導、お客様での自己解決が定着できた訳は~

「公式サイトを見たけど解決しないので電話したが、電話がつながらない」、「自動音声が長くイライラする」といったお客様の声に対し、コールセンター運営における以下のような課題はありませんか?

  • オペレーターの人員不足で応答率を上げられない
  • 申し込みサイト、FAQ、チャットボット等、公式サイトを拡充したが利活用が進まない

実はコールセンターへ問い合わせた方の約40%がWebでの解決を望んでおり、お問合せに対しお客様の好むチャネルへ適切に誘導することができれば、顧客満足度と自己解決率向上を両立することができます。
また同時に、Webで解決できるお問合せに割いていたオペレーター稼働を、人でなければ対応できない、より重要な業務へシフトする事ができます。

本セミナーではNTTコム オンラインが提供する電話問い合わせのマルチチャネル対応を可能にするコールセンターソリューション(SMS+ビジュアルIVR)を活用し、電話問い合わせの10%以上を適切なチャネルへ誘導する方法や、NTTネクシアのコールセンター運用ソリューションと合わせ、ユーザー利便性の向上と業務効率化を両立できるサービスを、具体的な事例を交えてご紹介します。

タイトル コールセンターの顧客満足度と自己解決率をどちらも向上する方法
~電話問い合わせの10%以上を適切なチャネルへ誘導、お客様での自己解決が定着できた訳は~
日程 2022年7月19日(火)13:00~14:15
開催形式 ・ウェビナーツール:Zoomを利用します。
 最新版Zoomクライアント:https://zoom.us/download
・セミナーを視聴するためのPCやイヤホンなどをご準備ください
※受講の手順や閲覧環境については、こちらをご確認ください
参加費用 無料
共催 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社、株式会社NTTネクシア
お問合せ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
セミナー運営事務局
Email:info@nttcoms.com
備考 主催社/共催社と同業他社の方のお申し込みは、お断りする場合がございます。
法人のお客様のみを対象としております。

顧客接点強化ソリューション「SMS+ビジュアルIVR」のご紹介
~お客様のお問合せを円滑にWeb誘導し利便性向上と業務効率化に貢献~

第一部はNTTコム オンラインより、お問い合わせ対応に対して課題をお持ちのお客様へ、コンタクトセンターでのSMSとビジュアルIVR活用の優位性を事例、導入効果をもとにご説明いたします。

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ビジネスメッセージ・サービス部
五藤 義之

ビジュアルIVRによる効率的なカスタマーサポートの構築
~お客様の利便性向上×自己解決の促進~

「Webサイトが活用されない」「電話での問い合わせが減らない」といったお悩みをお持ちではありませんか?第二部では、SMS+ビジュアルIVRを用いた、適切なチャネルへの導線構築による、お客様の利便性向上と自己解決の促進について、実際の取り組みと成果を基にNTTネクシアよりご紹介します。

株式会社NTTネクシア
デジタル革新部
鈴木 雄大氏

オンラインセミナーの受講方法

  1. ご参加いただく前に
    スピーカーが内蔵されているPC、またはスマートフォンなどのデバイスをご用意ください。
  2. オンラインセミナーにログインする
    オンラインセミナーの開催前日と当日に、ログインURLをメールでご連絡いたします。
    メールが届かない場合はセミナー事務局(info@nttcoms.com)までお問い合わせください。
    オンラインセミナーを視聴するには、メールに記載されているログインURLをクリックしてください。
  3. 音声を設定します
    周囲の環境に応じて、イヤフォンなどをご利用ください。
    PCで音声を聞かれる方は、「コンピューターオーディオのテスト」を行い、音声が聞こえることをご確認ください。
  4. 開始時間までお待ちください

オンラインセミナーにアクセスできない場合のご注意

  • 音声が出ない場合は、PC/スマートフォンなどの音声のボリュームをご確認ください。
  • ブラウザのキャッシュクリアをお試しください。
  • 他のブラウザでアクセスできるかご確認ください。
  • 動画・音楽再生ソフトが起動している場合は、オフにしてください。
  • ブラウザのバージョンが古い場合、アクセスできない可能性があります。
  • PCの再起動をお試しください。

推奨環境