SMSを送るだけで『カンタン』ビデオ通話を実現
『ビデオトーク』でカスタマーサポート業務を効率化

携帯電話は一人一台になり、コンタクトツールは多様化しました。それでも、顧客サポート業務では多くの悩みが存在します。

文章だと長くなり読んでもらえない。電話等の音声だと細かいニュアンスが伝わらない。距離が遠いので、対面での会話が出来ない。こういった現状に対して、映像を使用した顧客コミュニケーションの有効性が注目されてきています。

その中で、SMSを送信するだけでお客様とのビデオ通話を可能にする『ビデオトーク』は、カンタン・手軽にお客様とビデオ通話が出来るツールとして、顧客サポート業務にとって、非常に効果的なものになります。

ビデオ通話でお客さま対応を迅速かつ適切に

交通事故や設備故障時の状況確認

各種損害保険会社、不動産物件管理会社、メンテナンス事業会社などでは、問い合わせのあったお客さまのおかれている現場の状況を確認するための業務が発生します。
中には交通事故や設備の故障状況の確認など、緊急度が高くかつ複雑な状況のものも多く、それ故に言葉だけでは状況がなかなか明確に伝わりにくく、対応に手間取る場合があります。

このような場合に、ビデオ通話機能を使用することで、映像を通してお客様の状況をより詳細に理解できるようになり、迅速かつ適切な対応の実現を可能にします。
また、ビデオ撮影時の映像を録画する事も可能ですので、証拠映像としての保存し、後から見返す事も可能になります。

口座開設や保険の申し込み時の本人確認

銀行口座開設、保険申込、携帯電話・ISP・ケーブルテレビ等の申し込み時に、本人確認は必ず行われます。
本人確認書類のコピーの提出を郵送で求めるなどの行為が一般的に行われていますが、書類の提出までに手間も時間もかかってしまうことが課題となっています。

そこで、ビデオ通話機能を使って、御本人のお姿と、本人確認書類をリアルタイムに確認することで、登録業務にかかる時間を短縮することが可能です。

また、ビデオ通話中に写真を撮影する事も可能ですので、本人確認書類等をファイルとして保存する事も可能です。

家電などの操作説明や賃貸物件の紹介

各種メーカー、テレビショッピング、賃貸物件管理会社では、商品や物件の詳細な説明を行うことで、顧客の購買や契約を促したり、顧客との良好な関係を継続していくことが可能となります。

そこでビデオ通話機能を使うことで、実際に商品や物件を移しながら説明することで、より分かりやすく、直感的にもとめている内容を伝えることができるようになります。

代理店様お問い合せ

SMSを介したビデオ通話の活用イメージ

『ビデオトーク powered by 空電』は、顧客サポート業務を行うオペレーターが、Web画面上でビデオ通話用のSMSを送信します。お客さまがそのSMSに添付されたURLをタップする事でビデオ通話が開始されます。
ご利用にあたっては、ブラウザ上でのビデオ通話を可能にするWebRTC※1であるNTTコミュニケーションズの『Skyway』※2を使用しており、お客さまのスマホ側で、アプリケーション取得の必要はありません。

SMSを介したビデオ通話の活用イメージ
SMS内のURLをクリックして、ビデオ通話を開始

※1 WebRTC (Web Real-Time Communication)とはWorld Wide Web Consortium (W3C)が提唱するリアルタイムコミュニケーション用のAPIの定義であり、WebRTCプラグイン無しでの、ウェブブラウザ間のビデオチャット、ファイル共有を可能にします。(出展:https://webrtc.org/

※2 SkywayとはNTTコミュニケーションズが提供するWebRTCサービスであり、従来、WebRTCに必要であった、サーバを構築・運用することなく、手軽にビデオ・音声通話・データ通信の利用が可能。 (Skyway HP: https://webrtc.ecl.ntt.com/)

SkyWay

お気軽にお問い合わせください

今、注目されている、着眼率90%を誇る「連絡」や「督促」をタイムリーかつ確実に伝えることができる手法は、これだ!

金融関係者必見!
今、注目されている、着眼率90%を誇る「連絡」や「督促」をタイムリーかつ確実に伝えることができる手法は、これだ!